E-ne!

Fm yokohama × Job aidem

2015.6.22 ON AIR!

甘~い香りに包まれながら「追浜」で働く。

甘~い香りに包まれながら「追浜」で働く。メイン画像

今回は、横須賀市追浜町にある「パティスリー カプリス 追浜店」で、スタッフとして働いているパートの漆畑綾さんに、穂積ユタカ(ホズミン)さんがインタビューしました。(インタビュー中は敬称略)

  • 穂積ユタカさん画像
    穂積ユタカさん
  • 漆畑さん画像
    漆畑さん
ホズミン
「スポォォォォォォォォン、とやってきましたのは、京急線追浜駅から追浜銀座通り商店街を約5分歩いたところにあるケーキ屋さん『パティスリー カプリス 追浜店』。早速ここで昼のパート勤務をしている漆畑さんにイロイロ聞いてみましょう。漆畑さん、普段はどのようなお仕事をされているんですか?」
漆畑
「厨房で洋菓子をつくったり、店頭に出て接客販売をしています。働きはじめてから12年くらい経ちますが、オーナーやスタッフ、お客さまにとてもよくしていただいてます(笑)」
ホズミン
「12年のご勤務とは長いですね! ということは、スタッフさんの中ではレジェンド級の域じゃないですか(笑)? そんな漆畑さんが、このお仕事をする中で感じるやりがいや、この職場だからこそ得られるものって何だと思いますか?」
漆畑
「店でつくったケーキや焼き菓子をたくさんのお客さまに召し上がっていただいて“美味しかったよ”の言葉を頂戴すると、大きな励みになりますね。直接、反響を得られるのは嬉しことですし、やりがいがあります!」
ホズミン
「お客さまからダイレクトに言葉をかけてもらえるのはいいですよね。ところで、お店の雰囲気ってどうなんですか?」
漆畑
「とってもアットホームですよ! 私には小学生の子どもがいますが、放課後になると店に遊びに来て、みなさんに家族同然に接してもらっています(笑)。ありがたいです」
ホズミン
「いいですね~。ではケーキ屋さんのお仕事ってどんな方にオススメでしょうか?」
漆畑
「明るく、元気に接客をしたい人にはピッタリの仕事だと思いますよ!」
ホズミン
「まさに漆畑さんみたいな人ですね?」
漆畑
「ハイ! ありがとうございます。私みたいな人です(笑)」
ホズミン
「それでは最後に、これからアルバイトをする学生さんや若い方に向けてアドバイスをお願いします」
漆畑
「接客業など人前に出るお仕事は、明るく、元気に、ハキハキと対応することが大切だと思います。笑顔の接客で、みんなを元気にしてあげてほしいですね」

色とりどりの美味しいケーキと、お客さまの笑顔に毎日囲まれながらケーキ屋さんで働いてみるのもなんかいいかも。「やっぱり働くなら地元神奈川!」というわけで、次はあなたの街のあの店に行くかもしれませんよ。お楽しみに。

まとめ買いして沢山食べたい!少し気まぐれなケーキ屋さん。

イメージ画像

地元スイーツファンに評判の「パティスリー カプリス 追浜店」。赤と白を基調とした可愛らしい外観が目印だ。店名の「カプリス」はフランス語で“気まぐれ”の意味。「定番商品を用意していない日も(笑)」がその由来だそうだが、通常でもケーキ17種類、焼き菓子20種類のラインナップだから安心して訪ねてほしい。人気はガトーフレーズ、季節のケーキ、プリンなど。また焼き菓子はまとめ買いするファンも少なくないため、早目のチェックや予約をオススメしたい。

パティスリー カプリス 追浜店
神奈川県横須賀市追浜町3-19
tel.046-866-6652
営業時間/10:00~19:30
このマチで仕事を探すならイーアイデム
  • twitter
  • facebook
  • hatena