E-ne!

Fm yokohama × Job aidem

2015.5.18 ON AIR!

大好きな音楽に包まれながら、関内で働く。

“大好きな音楽に包まれながら、関内で働く。メイン画像

今回は、横浜市中区にあるライブハウス「BAYSIS(ベイシス)」で、主にブッキング担当として働いている日出山大雅さんに、穂積ユタカ(ホズミン)さんがインタビューしました。(インタビュー中は敬称略)

  • 穂積ユタカさん画像
    穂積ユタカさん
  • 日出山さん画像
    日出山さん
ホズミン
「スポォォォォォォォォン、とやってきましたのはJR関内駅北口徒歩5分のライブハウス『BAYSIS』。早速ここでブッキングを担当している日出山さんにイロイロと聞いてみましょう。日出山さん、このブッキングというのは具体的にどんなお仕事なんでしょう?」
日出山
「ライブハウスのスケジュール管理がメインになります。他にもイベント制作や、エンジニアとして現場で音響も担当するので、実際にやっている仕事の範囲は幅広いですね」
ホズミン
「なるほど、そんな日出山さんが、このお仕事をする中で感じるやりがいとか、この職場だからこそ得られるものって何ですか?」
日出山
「自分がつくった公演で、お客さまがものすごく盛り上がってくれたり、アーティストがステップアップしていく場面に立ち会えたりすることにやりがいを感じます。ここで得られるものは…夜型の生活に耐えられる身体でしょうか(笑)」
ホズミン
「では夜に強い(笑)日出山さん、こちらの職場の雰囲気ってどうなんですか?」
日出山
「若いスタッフが多いので、みんなすごく和気あいあいとしてて。仕事終わりにみんなで飲みに行ったり、遊びに行ったり、会社全体でイベントごとを楽しんでやってます」
ホズミン
「いいですね! それじゃあ、ここで働くとしたら、どんな人にオススメですか?」
日出山
「まずは大前提としてライブが好きという方、それとお酒が好きな方。あとはとにかく夜が遅い仕事なので、身体が丈夫な方ですね(笑)。この3つが揃えば大丈夫です!」
ホズミン
「丈夫な方(笑)。いやぁそれでも音楽の世界で働きたい人は多いと思いますよ。ちなみにこちらのライブハウスのオススメポイントは何でしょうか?」
日出山
「ステージが高いのでアーティストが見えやすいことと、ホールとBarのスペースが分かれているところです」
ホズミン
「ライブで盛り上がって、お店で仕込んだ手作りの料理も楽しめるなんて、いいなぁ。6月いっぱい行われている 9周年イベントにもぜひ遊びにきてほしいですね」

憧れの音楽業界で、たくさんのアーティストたちの成長を見守りながら働いてみるのもなんかいいかも。「やっぱりバイトは地元神奈川!」というわけで、次はあなたの街のあの店に行くかもしれませんよ。お楽しみに。

今だけの、ここだけの音に出会える場所。

イメージ画像

今月でオープン9周年を迎え、現在アニバーサリーイベント開催中のライブハウス「BAYSIS」。300人のキャパシティを有するこのライブハウスでは、連日地元のインディーズバンドを中心としたアーティストたちが出演し、熱いステージを繰り広げている。また、ホールとBarスペースが独立しており、ステージの合間にゆっくりと食事を楽しむこともできるので、横浜のライブシーンを体感したい人はもちろん、気軽にライブを楽しみたい方もぜひチェックしてほしい。

BAYSIS
神奈川県横浜市中区常盤町3-25 サンビル2F・B1
tel.045-227-5528
このマチで仕事を探すならイーアイデム
  • twitter
  • facebook
  • hatena