赤ん坊を白蟻の巣に入れて燃やす!? アマゾンの先住民を撮り続けた男が語った「あの日」

先住民族「ヤノマミ」、金を掘る無法者「ガリンペイロ」、そして未開の地に住む謎の部族「イゾラド」。彼らに密着して取材を敢行したディレクター・国分拓さんに、未開の森の住人についてお聞きしました。危険なジャングルの真実を描いた衝撃のドキュメンタ…

【漫画】熊本震災の「現場の声」を取材してきた話

2016年4月14日に発生した「熊本地震」。九州全土に被害は拡大し、熊本城や阿蘇神社などの復旧の目処は立っていません。東北大震災同様、「なにかできることはないか?」とモヤモヤしている人が多いはずで。そんな気持ちだった漫画家のカメントツと一緒に熊本…

【完全攻略マンガ】究極のハンバーグ店「さわやか」への愛と肉汁を詰め込んでみた

『岡崎に捧ぐ』『無慈悲な8bit』でお馴染みの漫画家・山本さほが、フリーお題で挑む連載「山本さほのなに描いてもいいの?」。今回は静岡のハンバーグ店「さわやか」への愛を語りつくします。

自宅が殺風景すぎるので、インテリアコーディネーターに助けてもらった

みなさんの部屋の住み心地はいかがですか? 「落ち着く部屋」「くつろげる部屋」って憧れますよね。僕はというと部屋が殺風景すぎて落ち着くことができないので、プロのインテリアコーディネーターを呼んでアドバイスをしてもらいました。

伊勢志摩サミット開催中の警備ってどれくらい厳重だった? 現地で見てきた

2016年5月26・27日に三重県伊勢市・志摩市で開催された「伊勢志摩サミット」が観光に与える影響とは?各国の要人が集まり、世界経済や国際問題について話し合うこの会議が開催中、現地では2万人以上の警察官が警備にあたっていました。どれくらいの厳戒態勢…

「日本一入りにくい漫画喫茶」は不器用すぎるマスターの漫画愛にあふれていた

浜松駅から遠州鉄道に乗って10駅、静岡県の積志駅にある入りにくい漫画喫茶へ、意を決して入ってみました。

大阪の地下鉄でよく見る『解像度が低すぎる掲示物』の謎に迫ってきた

みなさんこんにちは~! 株式会社人間の社領エミ(しゃりょう・えみ)どぇ~~す! 突然ですがみなさん、電車、乗ってますか~!? 私は乗ってま〜す! 最近私には、電車に乗る度に気になっていることがあります。それがこちらなのですが… 何だこいつら…!?…

銭湯って儲かるの? 25歳の若き経営者「湊三次郎」に現実を聞いてみた

銭湯マニアが高じて遂には経営するまでに至った湊三次郎さん。実際のところ儲かっているのか?また、都道府県で決まっている料金についてなど、本音で聞いてきました。 湊さんが番頭を務める「サウナの梅湯」は、NHKのテレビ取材を受けたり、雑誌POPEYEに紹…

【神仕事】伝説の鉄づくり!奥出雲「たたら製鉄」の奥深すぎる世界

島根県奥出雲地方に伝わる伝統的な鉄づくりの技法「たたら製鉄」。日本刀の素材として知られる「玉鋼」はどのようにして作られていたのか。高度な技術を誇りながらも、なぜその技法は長きにわたってベールに包まれてきたのか。ジブリ映画「もののけ姫」でも…

四カ国語を話せる謎! 三十路の娘が「父」の仕事に密着してきた

ここ数年、日本へ旅行しにくる外国人観光客が増え続けていますが、東京はもちろん、地方の観光地での言語対応が追いついてないのが現状です。そんな中で富士山近くの忍野村の観光案内所で働く、ある女性ライターのお父さんは四ヶ国語を操り、現地で大活躍し…

【本好き必見】「面白いと感じたら失敗する」校正校閲の職人仕事とは?

皆さんは校正・校閲(こうせい・こうえつ)という仕事をご存知でしょうか? 出版社はもちろん、ライターや編集者にとっても欠かせない仕事の1つです。とはいえ、具体的にどういった仕事なのか分からない人が多いはず…ライターの根岸達朗が鴎来堂、かもめブッ…

観光地にある「龍が剣に巻きついたキーホルダー」の魅力を聞いてくれ

観光地に必ずあると言っても過言ではない『龍が剣に巻き付いたキーホルダー』。今回はそんなお土産の魅力を語ると共にキーホルダーの謎を探るべく、ライターのARuFaが色々したそうです

【実録】フリーランスの「孤独」すぎる日常 

多くの人が「会社員」として仕事に取り組んでいると思いますが、世の中には個人事業主=フリーランスとして働いている人を重宝する世界もあります。今回は漫画家、イラストレーターとして活動しているマキゾウの「地味すぎる日常」を漫画にしてもらいました。

現代の聖徳太子⁉︎ 視覚障がいを乗り越えたテープ起こしの旅人・松田昌美

ライターの苦手な作業といえばテープ起こしですが、視覚障がいを持っているブラインドライター・松田昌美さんにとっては「旅しているような感覚」だそうです。倍速の早送り音声や複数人が同時に話しているような音声でも聞き取れる並み外れた聴力の持ち主で…

「若きアメ細工職人」と「引退を余儀なくされた鋏職人」の物語

思わず目を奪われるような作品の数々、実はこれ飴細工なんです。独学で技術を磨いてきた若き職人・手塚新理さんが、2013年に「浅草飴細工 アメシン」をオープン。MADE IN JAPANの文化が再評価され始めたタイミングと重なり、瞬く間にテレビや雑誌などの露出…

【職人】日本の鍛冶技術は世界レベル! 新潟燕三条の「モノづくり」がヤバすぎる

新潟県燕三条はモノづくりの町として栄えてきました。多くの職人文化を育み、現在でも世界に誇れる商品が数多くあります。今回、取材でまわってきたのは「燕市産業史料館」「藤次郎(TOJIRO)」「MGNET」「ハイサーブウエノ」「玉泉堂」。鎚起銅器から金型製…

両親に言いづらい「仕事」をカミングアウトしてきた

こんにちは。ヨッピーです。 突然ですがここでひとつ、カミングアウトしたいと思います。 実は……、 僕の両親は、いまだに僕が何の仕事をしているのか知りません! まあ、こんな事を言った所で僕の事なんて知らない人がほとんどでしょうし、 「何言ってんだこ…

Web漫画家の僕が、自分の仕事をコワい父親に説明してきた話

今回は地元・名古屋取材の流れでジモコロ編集長の柿次郎さんに「実家に行こうよ! 父と息子の対話に混ぜてよ!」と言われたときの話です。ちなみにWeb漫画家の仕事の実態はこちらを参考にしてください。 ・ ・ ・ おわり ライター:カメントツ 仮面を被った…

旨味のK点超え! 佐倉きのこ園の「極上シイタケ」が肉より美味いワケ

はぁ……シイタケ食べたいなあ……むちむちのシイタケを炭火で炙ってさあ……じゅわじゅわツユが出てきたところでしょう油をチャッとひとさししてさあ……アツアツの実をほおばって「ンフ~~~!!」とか言いたいよなあ……しかも1つや2つじゃなく、シイタケ欲が限り…

石川県にある超オシャレな記念写真館「TORUTOCO(トルトコ)」には絶対行くべき

石川県にある超オシャレな記念写真館「TORUTOCO(トルトコ)」。いったいどんな記念写真を撮ってくれるのか、そして地方でクリエイターとして働くとはどういう事なのか、聞いてきました。

マニアックすぎる本屋「書泉ブックタワー」に聞いた、謎の品揃えと生き残る手段

秋葉原駅前にあるマニアックすぎる大型書店「書泉ブックタワー」。 1948年の創業から、「趣味人ご用達」を標榜する名物書店で、2011年にはアニメイトグループ傘下に入り、なお独自の路線を突き進んでいます。 インターネットの台頭によって“町の本屋”が次々…

戦後14歳で始めたレンタル事業! 何でも貸しますの「近藤産興」に行ってきた

みなさん、こんにちは。 愛知県出身の漫画家ライターのカメントツです。 愛知県の有名なメイド喫茶の前にいます 突然ですが…皆さんは近藤産興という会社をご存知でしょうか…。 ご存知のない方に説明しますと、愛知県を中心に東海圏内の人間なら誰もが知って…

【小湊鉄道線】「乗り鉄」の旅についていったら大変な目にあった

千葉のローカル私鉄「小湊鉄道」で、鉄道ファンである乗り鉄がローカル地方鉄道の楽しみ方を解説。小湊鉄道線は、千葉県市原市の五井駅から大多喜町の上総中野(かずさなかの)駅までを結ぶ私鉄ローカル線。上総中野駅から先は「いすみ鉄道」という別のロー…

僕が実際に体験した「ロボットに仕事を奪われた男」の話

高度経済成長を支えた日本のモノづくり。多くの職人を輩出してきましたが、2000年代に突入して「人間の仕事はロボットに奪われる」と言われています。今回は、カメントツが実際に自動車製造の現場で体験した…ロボットに仕事を奪われた職人の話です。

爺ちゃん婆ちゃん×ヒップホップ!? 長野の人気すぎるフリーペーパー「鶴と亀」の制作秘話

地域活性化やまちづくりの観点でよく取り上げられるフリーマガジン、フリーペーパーの文化。中でも長野県奥信濃の高齢者であるお爺ちゃん、お婆ちゃんを題材にした「鶴と亀」は数多くのメディアに取り上げられて話題です。作ったのは飯山市出身の小林直博さ…

下町のタクシー会社の求人コンテンツを作ったら新卒2名採用できた話

こんにちは、ヨッピーです。本日は東京の下町・錦糸町にあるタクシー会社『互助交通』さんにお邪魔しています。「若い人の求人が全然来ないから相談に乗って欲しい」と互助交通さんに依頼されたからです。 不況の煽りをどうしても受けてしまうタクシー業界。…

自分の「苗字」と同じ土地に行ったら衝撃の事実だらけだった

こんにちは、ジモコロ編集長の徳谷柿次郎です。決して栄養失調のノッポさんではありません。今回兼ねてからの謎を解き明かすべく、高知県の「一宮徳谷(いっくとくだに)」地域に来ています。 Googleマップで説明します。高知駅からやや北東にある赤い囲みが…

「ワケのわからないことを言ってる人は才能がある」コルク佐渡島庸平が明かす売れるマンガ家の見極め方

こんにちは、オモコロ編集長の原宿です。オモコロは平日毎日更新で、笑える記事や漫画をネットに配信し続けているメディアです。活動を始めてから今年で丸10年と、結構長いことやってます。 オモコロには40人ぐらいのライターが参加しており、大体ひとり月一…

小さな町おこし? シャッター商店街の怪しい貼り紙に連絡してみた

はじめに 熱田神宮という名前を聞いたことがある人は少なくないだろう。三種の神器のひとつ「草薙の剣」が納められている事でも有名だが、神社の格として見ても日本のトップクラスの神社なのだそうだ。 難しい説明は出来ないが、九州出身の僕でも子供のころ…

【伝説】クワガタとタケノコで大稼ぎ! 謎の農家「風岡直宏」はなぜフェラーリを買えたのか?

静岡県富士宮市にお店を構える「たけのこ王」こと風岡直宏さん。現在、テレビ番組「沸騰ワード10」で話題になっているが、すべてはジモコロの偶然の出会い(2015年)から始まっている。クワガタとタケノコでなぜフェラーリを2台買えたのか? その軌跡に迫っ…

【高知県】「海より川派」の僕が「絶対に川遊びしたくなる記事」を書いてみた

よっ! はいそんなわけで皆さんこんにちは~~~! 川神(かわしん)でーす! まあいきなり「川神」とか言われたところで、「え?何?」ってなると思うので川神についてご説明しますね! 川の、神です! そんな川神、本日は高知県にある、透明度日本一の「仁…

【旅行】沖縄と北海道に行ってきたので、二つの魅力を「同時」に紹介します

日本の観光地である「沖縄」と「北海道」…この2つの魅力は実際に行ってみないとわからない! ということで、ライターのARuFaが『首里城』『場外市場』『海鮮丼』に『ソーキそば』などそれぞれの魅力を同時に紹介してくれるそうです。

【日帰り】超インドアが3種のアウトドアレジャーを連続で体験したら超充実した件

はじめに こんにちは、バーグハンバーグバーグのまきのです。ゲーム中失礼します。 わたしはご覧のとおり、めちゃくちゃなインドア派です。趣味が映画とゲームで、休日にもなれば1日に映画を3本見ることもザラではありません。最近おもしろかった映画は「私…

【禁欲】恋愛自由!? モンハン好き!? 聖地「高野山」のお坊さんの私生活を暴いてきた

お坊さん大好き こんにちは。 兵庫県在住、株式会社人間の社領エミ(しゃりょう えみ)です。この度、ジモコロでライターをさせていただくことになりました。よろしくお願いします! 突然ですが、私は若くてピチピチな男の子が好きです。 その中でも、とりわ…

【海外】1ヶ月で約40万円も稼げる!? 知られざる「バナナ農園」の仕事

みなさん、初めまして。札幌でゲストハウス「やすべえ」をやっているカワイと申します。ジモコロ編集長の柿次郎さんに声をかけていただいて、寄稿することになりました。これは、僕が10年前にバックパッカーで世界を旅している過程で出会った「バナナ農場の…

リーダーに必要なのは「上へ怒る力」と「立ち食い寿司」!? ベテラン編集長に聞いてきた

初めまして。ジモコロの姉妹メディア「オモコロ」の編集長をしております、原宿と申します。 今年で34歳になりましたが、28歳まで職歴ナシお金ナシ実家住まいの妖怪スネカジリをやっておりまして、その後ふわっと入社したバーグハンバーグバーグという会社で…

【ギャラ格差】怒りの通天閣!? 「大阪の有名WEB制作会社」が東京にモノ申す!

こんにちは。ヨッピーです。本日は大阪に来ております。 まあ僕は元々大阪産まれの大阪育ちだったのですが、東京に引っ越して早12年…。完全に故郷を捨て去って、今ではヒルズでギロッポンでチャンネーでシースーな毎日を送っております。 東京最高! 大阪上…

福島の「赤べこ」をヘビメタ化! 高速ヘドバンさせてみた

全国47都道府県の名産品や民芸品、工芸品をイノベーション! 福島県の赤べこをヘビメタ化させるべく、日本橋にある福島県のアンテナショップ【日本橋ふくしま館 M I D E T T E】で赤べこを購入。ほかにも、日本酒や会津ラーメン、わっぱ飯など、福島のおいし…

長野の野沢温泉が最高だったけど、外国絡みの問題で色々難しいところもあるみたい

温泉神のヨッピーが長野「野沢温泉」を取材してきました!