「タコは25,000円」水族館の魚、料理人に値段を聞いてみた

水族館に行っても魚の値段ばかり気になってしまうライター菊地が、食材として水族館の魚に値段をつけたらいくらなのか調査しました。協力してくれたのは新潟県寺泊水族博物館長の青柳彰さんと寺泊きんぱちの湯・旅館きんぱち総料理長の難波有宏さん。アジや…

ビジュアル系の次は「大衆演劇」? 田んぼの中の劇場で今起こっていること

栃木県の塩谷町、田んぼのど真ん中にある大衆演劇場「船生かぶき村」をご存じでしょうか。温泉もなく、交通の便も悪いのに関わらず、地元のお年寄りだけでなく、若い人もビジュアル系バンドの延長で通っているのだとか。なぜ、そこまで人を惹きつけるのか? …

「学年トップだったヤツ」って今もエリートなの? 大人になった彼らに聞いてみた!

学生時代に「学年トップだったヤツ」って、どんな大人になってるの? やっぱり大金持ち? エリート金融マン? それとも、ニート…!? 気になったので、『国立大で奨学金の免除をうけたAさん』、『進学校出身・全国模試一位だったBさん』のふたりに話を聞いて…

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 18話「セミの呪い」

<柳田さんと民話・一覧>第18話 <柳田さんと民話・一覧> ・1話~10話までをまとめ読みする! ●「柳田さんと民話」とは? ひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く、ユルくておもしろくてためにならない8コママンガ…

「なぜ、人間はカメを捨てるのか?」爬虫類引き取ります宣言の動物園『iZoo』の覚悟

こんにちは。ライターの菊地です。今回、私は静岡県の河津町にある日本初の体感型動物園iZoo(イズー)に来ています。 体感型動物園iZoo住所:静岡県賀茂郡河津町浜406-2営業時間:9:00~17:00(最終入園:16:30)電話番号:0558-34-0003定休日:年中無休 入…

【4コマ】イエティーと髭博士「くたびれもうけ」

ジモコロのキャラクター「イエティー」と「髭博士」の日常を描いた頭からっぽの4コマ漫画です。なんでも知っている髭博士となにも知らないイエティーのやりとりをお楽しみください。 ●登場人物 頭からっぽ4コマ <イエティーと髭博士の4コマ一覧> 漫画を描…

ロシアの夫とハラショー日本「ロシアの夏休みは3ヶ月!?」

東京で生活するマンガ家・シベリカ子が、夫のロシア人男性・P氏と共に、日本をレポートします。 今回は日本とロシアの「夏」について。ロシアの夏休みは3ヶ月もある!?

社長と語らう夕べ:「好きな漫画ベスト5」―それ絶対カッコつけてるよね?

会社が重視しなければいけないのは、外交よりもむしろ内部のコミュニケーション?株式会社バーグハンバーグバーグの取締役社長・シモダテツヤが、社員とコミュニケーションを図ります。

1/12サイズの巨大スラム・九龍城!? 異端のドールハウス作家が語る「汚しの美学」

ドールハウス。 一般的に1/12スケールで作られたミニチュアの家のことを指し、部屋の内装や調度品も制作します。 可愛らしい趣味とあって、ドールハウス作家の8割は女性。ほとんどの作家さんが可愛くてキレイなミニチュアを作るなか、ひときわ異色のドールハ…

【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (16) - おもひでぽろぽろ/逸材

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

離島薬剤師が語る「お金の話」「仕事のやり甲斐」「島暮らしの難しさ」

「Dr.コトー診療所」のような離島の医療従事者って、どんな生活をしているのでしょうか?今回、沖縄県の離島「粟国島」で働く女性薬剤師にお話をうかがってきました。

珍スポを継ぎし者! 5500万個の貝が生んだ「竹島ファンタジー館」伝説

時空のトンネルからこんにちは。ライターの友光だんごです。 このトンネル、よく見ると… 全部「貝」でできています…! 壁一面に貼られているのは「オウム貝」。多すぎじゃない?と思ったあなた、驚くのはまだ早いです。 ここでは、すべてが貝なのですから。 …

【もとADが教える】芸能人を唸らせたロケ弁 一般人でも食べられる4店

もとADだから知っている、芸能人やタレントが絶賛するロケ弁。『津多屋』の「のり二段幕の内弁当」、『喜山飯店』の「お好み4種弁当」、『オーベルジーヌ』の「チキンカレー」、『金兵衛』の「銀だら西京漬け焼き弁当」など、一般客への販売も行うお店をご…

女の子なら誰もがトキめいた低価格アクセサリー!『サン宝石』のすべて

りぼんやちゃおに載っていた女子小中学生向けアクセサリーの通販会社「サン宝石」をご存知でしょうか。今回は原宿の直営店・ファンシーポケットや、本社にお邪魔して、懐かしいカタログを見せてもらったり、話題のおもちゃ・スクイーズや、大人気のほっぺち…

せどりから古本屋で年商16億円!? amazonでよく見る「バリューブックス」の正体

本棚からこんにちは、ライターのナカノです。 みなさん本は好きですか?私は大好きです。 ビジネス書も小説もマンガも雑誌もだーいすき!! 私は今、本好きにはたまらない場所に来ています。 本の海だ〜!! 本の山だ〜!! 大量の本棚で向こう側が見えない…

【設置店舗募集】ジモコロフリーペーパー 順次配布しています!

号外〜!号外〜! 2017年7月上旬頃からジモコロのフリーペーパー最新作を配布しています! ----配布完了ツイート(2017.07.11 up)---- 日本各地のご当地ディープ情報を愉快に切り取るWEBサイト「ジモコロ」からジモコロフリーペーパーが届きました。7/19(水…

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 17話「温泉にまつわる民話」

「ポテン生活」「おやおやこども。」などの人気漫画を描く木下晋也の連載、「柳田さんと民話」。この作品はひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く8コママンガです。

本当に成立するの?那須どうぶつ王国で「ネコのショー」を見てきた

栃木県にある人気の動物園「那須どうぶつ王国」。実はここでネコのショーを見れるのをご存知でしょうか。その名も「THE CATS」。栃木県出身ライターの斎藤充博が取材してきました。

1本200万円の杖が売れる! 国内唯一の専門店「つえ屋」は年商2億円

京都で大人気の杖専門店「つえ屋」。1本200万円以上の杖もポンポン売れるという。結果、年商は2億円以上。じいちゃん、ばあちゃんが使うイメージのある杖のビジネスがなぜここまで成功したのか? その理由を聞いてきました!

【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (15) - 食前リハーサル/おもしろ3組

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

滋賀県民の言う「琵琶湖の水を止めるで!」……止めるとむしろ大変なことに

滋賀県民が冗談で言う「琵琶湖の水を止めるで!」は可能なのか?琵琶湖博物館の学芸員さんに聞いてみました。

ロシアの夫とハラショー日本「和菓子作りとロシアのケーキ」

東京で生活するマンガ家・シベリカ子が、夫のロシア人男性・P氏と共に、日本をレポートします。 今回は葛飾・柴又で和菓子作り体験!日露のお菓子の違いや、かわいいロシアのケーキもご紹介しますよ!

ブーム再燃か? 使えば使うほど「地元愛が芽生える」―不思議なお金『地域通貨』の話

お金の本質に迫る、ジモコロシリーズ第二弾。今回は使えば使うほど「地元愛が芽生える」、不思議な不思議な「地域通貨」の話です。券面式の「ぶんじ」、通帳式の「よろづ」をご紹介します。

「ビットコインから物々交換へ」お金の進化が僕らに教えてくれること

最近、「ビットコイン」や「ブロックチェーン」といった言葉をよく聞きませんか?しかし、そもそも「デジタル通貨」って一体なに?どういう意味?みんなどう購入してるの?初心者の僕に誰かわかりやすく簡単に解説して!ということで、詳しい方にインタビュ…

「金がないなら稼げ」元ヒモのマッドサイエンティスト農家が語る人類改造計画

山形県鶴岡市で出会った山澤清さんは、「ハーブ研究所SPUR」「庄内パラディーソ」などを経営し、アル・ケッチァーノ奥田政行シェフとともにレストラン「土 遊 農」をオープンしたハイパー農家。在来種の野菜を若者に食べさせたい、東京オリンピックに向けて…

【ヴィジュアル系のみ】専門店「ライカエジソン」でCDが売れ続ける理由

こんにちは、非常勤ライターのひにしあいです。 今日はヴィジュアル系(以下V系)音源だけを取り扱うV系専門のCD店「ライカエジソン」にきています。 ライカエジソンは、バンギャ(V系バンドの女性ファンのこと)・ギャ男(V系バンドの男性ファンのこと)な…

ヤンキー御用達の「短ラン詰職人」世界へ

10歳頃から洋服作りに目覚め、現在はフリーのモデリスト・長谷川彰良(はせがわ・あきら)さん。海外でも活躍する彼のルーツは、茨城のヤンキーたちの短ラン詰め作業? さらに欧米諸国のヤバいヴィンテージを服を集めている? あまり知られていないファッシ…

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 16話「カフェと民話と」

「ポテン生活」「おやおやこども。」などの人気漫画を描く木下晋也の連載、「柳田さんと民話」。この作品はひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く8コママンガです。

【もしもバナナが消えたなら】旭山動物園に与える影響を徹底調査!

もしもバナナが消えたら、動物園の動物にはどんな影響が? そんな疑問を胸に、株式会社キュービックの菊地誠が北海道旭川市の旭山動物園に取材。ニホンザルやチンパンジー、オラウータンなど猿たちの主食はどうなる?そして他の動物への影響はいかに?

バナナが絶滅するって本当!? 専門家に聞いた「そんなバナナ」な真実

「バナナが絶滅するかもしれない」というニュースをご存知ですか? 好物のキャベンディッシュ品種が無くなっては困ると、株式会社キュービック所属のライター菊地誠が東京農工大学の農学部植物病理学研究室・有江力教授に話を伺いました。フィリピンで猛威を…

商店街の鍵屋の老主人、古今東西の鍵を収集するマニアだった

中目黒にある鍵屋さん、カトウロックサービス。普段は鍵交換や合鍵作成をされているとのことですが、ひとたび店内に入るとそこにはものすごい種類の鍵のコレクションが。アフリカからインドまで古今東西の鍵が500本以上。中には『からくり錠』という一風変わ…

じいちゃんとわたし「話を聞いてもらう」第4話

『じいちゃんとわたし』一覧 ジモコロをご覧の皆さん、こんにちは。食いしん坊イラストレーターの杏耶です。 私は母子家庭で育ったため、保育園の送り迎えやゲームの相手になってくれたのはじいちゃんでした。だけど、ある時から祖父の言動におかしなところ…

普通は公開しない!? オウンドメディア「ジモコロ」2年間の効果測定データ

2015年頃から話題に上がり始めたオウンドメディア。ジモコロもその端くれなんですが、今回裏側で奮闘してきた広告視点での効果測定データを特別に大公開!普通、ここまで情報出さないみたいです。

【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (14) - シャットアウトマン/おもしろ3組

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

【幽霊を見る・幽霊が来る・幽霊になる】「怖い話」の3つのパターン

「怖い話」は、3つのパターンに分けられるのではないか。 この記事では、そんな話をしてみたいと思います。なお、ここでいう「怖い話」とは、幽霊やオカルト的なものを指します。チンピラに絡まれたとか、鬼嫁にいびられるとか、そういう系統の怖い話ではな…

「国境なき医師団」って有名だけど、実際どんな組織なの?  現地で活躍する日本人に聞いてきた

みなさんは「国境なき医師団」という組織をご存知でしょうか。世界各地の紛争地域・災害地域などで人命を救助している団体です。一体どういう考えの人が、月収いくらで働いているのか?危険地域での医療はどういうものなのか?聞いてきました。高須クリニッ…

コスプレ歓迎!? 創業400周年を迎える「菱野温泉」の経営に新しい旅館の姿を見た

Twitterで活動する「おいでよ長野」が、「おいでよ南信」「おいでよ松本」とともに長野県小諸市にある「菱野温泉」へ! 浴衣で動物と触れ合える、登山列車で露天風呂「雲の助湯」へ、コスプレ歓迎やアニメイベント開催など、ユニークな温泉の魅力をレポート…

ロシアの夫とハラショー日本「外国人には敷居が高い? 茶道を体験!」

東京で生活するマンガ家・シベリカ子が、夫のロシア人男性・P氏と共に、日本をレポートします。 今回は銀座で茶道体験!ロシアでは紅茶をよく飲むそうですが、果たして日本のお茶は……?ジャムを入れるイメージのロシアンティーも、実はあまり飲まない?プー…

姫を続けて30年!?『心斎橋のシンデレラ』に聞いた衝撃のHAPPYマインド

大阪・心斎橋に、奇抜なファッションに身を包んだ「シンデレラ」と呼ばれる女社長がいる?そんな噂を聞きつけさっそく調査を行ってみました。30年も独特のメイクとドレスで街を闊歩する松本明子さんは地元の有名人。ブライダルサロンを経営しながら、写真集…

「所有者不明の橋」の犯人を追ったら…収拾がつかなくなった話

こんにちは。散歩おじさんのヤスノリです。 今日は、確固たる決意で、神奈川県川崎市高津区にある「噂の現場」に来ております。これ、何だかお分かりになりますでしょうか。 簡単ですか、そうですよね。 じゃあせーのでいきましょう、せーの! 「移動動物園…

【ジモコロ2周年】金時山に「60kgの斧」と「目標」を立ててきた

「足柄山の金太郎」で有名な、金時山という山に登ってきました!場所は神奈川県箱根町。山頂標記の柱を立てに行ったのです!初心者でも登れるハイキング程度の登山ではありましたが、疲れた~!でも、おかげで記念写真スポットとしてこの標柱がずっと残るん…

漫画でわかる『子どもの貧困』- ポイントは「3つの孤立」と「溜め」だった

日本では、6人に1人の子どもが貧困だそうです。一人親に絞ると半分以上というデータも…。今回、貧困問題の巨人・社会活動家の湯浅誠さん、NPO団体「PIECES」の小澤いぶきさんに話を聞いて、これまでになかったマンガで正しい知識と現状を伝えたいと思います。

日本最強の肩パッドは青森県? 県肩パット王国

あらゆる都道府県の特長を知り尽くし、どんな条件にも最適な解答を提示する男……それが「都道府県マスター潤」!時にイラストで、時にGIFアニメで、都道府県の新しい魅力が展開されます。室木おすしの描く人気シリーズ、今回は最強の肩パットを決める「県肩パ…

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 15話「聞きあきた昔ばなし」

「ポテン生活」「おやおやこども。」などの人気漫画を描く木下晋也の連載、「柳田さんと民話」。この作品はひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く8コママンガです。

83歳の祖母・アキコが選んだ「GWの暇つぶし記事」8選

こんにちは。 庭から失礼します、ライターのナカノです。ジモコロをご覧の皆さん、GWはどのようにお過ごしでしょうか?どこに行っても混んでいるので、私は極力外には出たくないと思っています。 ところで、なぜこんなに笑顔なのかと言うと、 この記事用に祖…

あえて高校に行かず15歳で「コーヒーショップ」を構えた少年

2017年4月、群馬県桐生市にコーヒーショップ「HORIZON LABO」がオープンしました。店主は15歳の焙煎士・岩野響さん。彼は高校へ行かず、洋服店「リップル洋品店」を営む両親の手助けを受けて自分の店を持ちました。独学ながら「伊東屋珈琲」と「大坊珈琲店」…

【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (13) - 転倒事故/モザイクあり

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

【検証】渋谷には「イチ公」から「ハチ公」までいるのか?

普段「サンポー」というメディアで、散歩の記事を発信しているおじさんトリオ(ヤスノリ、井上マサキ、ぜつ)。「イチ公」のいる駒場東大前から「ハチ公」のいる渋谷までの間を散歩しながら、おじさんたちが「二公」〜「ナナ公」を探します。果たして本当に…

人気フェス「森、道、市場」の裏側には主催者の「熱狂」があった

「FUJI ROCK FESITIVAL」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」など、年間で計200本近くが開催されている「フェス」。フェス運営の仕事について気になったライターの友光だんごが、愛知県・蒲郡のラグーナビーチ&ラグナシアで開催される「森、道、市…

【裏京都】デートスポットで打ち首!?京都精華大学の名物教授と行く古都オカルトツアー

こんにちは、ライターのおかんです。 さてテレビ番組の「ブラタモリ」や「モヤさま」の人気からもわかるように、日本はいま空前の「街ブラブーム」!ともすれば「ムダ知識」として一部のマニアにしかウケていなかった情報が、多くの人を魅了しはじめているよ…