「顔合わせ」って何?事前に用意しておきたいこと

派遣会社を訪問して登録が完了すると、いよいよお仕事の紹介が始まります。
お仕事紹介から顔合わせ、契約まで、どのようなことに気をつければ良いかをご紹介します。

「顔合わせ」って何?どんなことをするの?

初めて派遣で働こうとしている人は「顔合わせ」がどんなものなのか不安ですよね。

顔合わせとは、派遣先の企業を訪問し、企業の担当者から業務内容の説明を受け、その業務に必要となる能力を確認することです。派遣法で事前に選考を行うことは違反とされているので、顔合わせは面接と違い、派遣会社が業務内容のミスマッチを防ぐために行うものであるということを覚えておきましょう。

特徴的なのは、派遣会社のコーディネーターが同行することです。少なからず緊張する場に、自分を推薦してくれる人がいるのは心強いですよね。

顔合わせは、自己紹介を兼ねたあいさつ→派遣先担当者からの事業内容と担当する仕事などの説明→質疑応答が一般的な流れです。

派遣会社によっては、企業を訪問する前に待ち合わせをして、どのような話をするかなどをすり合わせる時間を持つ場合もあります。

いずれにせよ、顔合わせの場には派遣会社のコーディネーターと一緒に向かうことになるので、待ち合わせが最寄り駅なのか、企業の入り口なのか、ビルなら受付の前なのか、具体的な場所を必ず確認しましょう。

派遣会社のコーディネーターも初対面の人の可能性が高いので、当日連絡が取れるように携帯電話を持っていくと安心です。

万が一、交通機関の遅延などで、待ち合わせに遅れそうな場合は、早い段階で派遣会社に連絡をするようにしましょう。

質疑応答で確認しておきたいことは?

派遣先担当者から企業や仕事についての説明がされると、その後は多くの場合、質疑応答となります。

実際に担当者からお話を聞いてみて、想像と異なる業務や経験のない業務を任されることがわかるかもしれません。

その場合は不安な点を派遣先担当者と話し合うようにしましょう。それによって、実際に働く前に、あらかじめ知識を身につけるなどの対策を練れたり、派遣先企業が受け入れ態勢を調整できたりするかもしれません。

その業務はできません、と言い切ることはせず、勉強しますなど、前向きな姿勢を見せるようにしましょう。

また、休憩時間の食事はどうしているか、仕事以外でスタッフ同士の交流の機会はあるかなど、職場の雰囲気を尋ねてみたり、就業前に用意しておくと良いものなどを聞いてみたりすると、より就業時のイメージがつきやすくなります。

質問をいろいろされた方が派遣先企業も、あなたの積極的な姿勢を感じることができますし、未然に入社後のミスマッチを防ぐことができます。

顔合わせ前に企業のホームページなどがあれば見て、どんな会社なのかを知り、聞いてみたいことがあれば直接聞いて、コミュニケーションを取るようにしましょう。

トップへ戻る