気をつけると好印象!顔合わせのマナーとは?

派遣会社を訪問して登録が完了すると、いよいよお仕事の紹介が始まります。
お仕事紹介から顔合わせ、契約まで、どのようなことに気をつければ良いかをご紹介します。

顔合わせは何を着ていけばいい?

顔合わせは、これから一緒に働くことを前提としているので、良い印象を持ってもらいたいですよね。そのために、意識したいのは「清潔感」です。
清潔感を印象付けるのに効果的なのが「ファッション」ですが、何を着ればよいか迷う人も多いかと思います。それならスーツを着ていくのが無難です。ただ、スーツだと硬い印象になりそうな業界であれば、ジャケットは襟付きのカッチリしたものを着用し、インナーやボトムは派手過ぎない、けれども印象の良くなるものでまとめるのもひとつの手です
せっかくファッションに気を遣っても、シワや汚れが目に付くようでは台無しなので、顔合わせの前日までに、実際に着てみて確認しましょう。さらに、靴に汚れがないか、ストッキングが伝線してないかなども忘れずにチェックしましょう。
また、カバンは黒や茶のシンプルなデザインで、A4の書類がそのまま入る大きさがおすすめです。

ヘアスタイルやメイクetc.はどうする?

ファッション同様、ヘアスタイルやメイクも清潔感が大事です。髪をカラーリングしている場合、問題ないか事前に派遣会社のコーディネーターに確認するのをおすすめします。特に規定がなくても、かなり明るい髪色なら、落ち着いた色合いにした方が良いでしょう。また、髪が長い場合は結んだ方が清潔感のある印象になります。
メイクも派手な色合いのアイシャドウや口紅は避け、ネイルも極端に華美なデザインにはしないようにしましょう。
香水も強い香りは場にそぐわないので控えめに、もしくはつけない方が無難です。

あいさつや振る舞いで印象アップ!

さて、清潔感のある見た目でも、あいさつが暗かったり、振る舞いがだらしなかったりすれば、結局マイナスの印象になってしまいます。
顔合わせの始まりはハキハキとしたあいさつと笑顔で。滑り出しが良いと、その後の流れもスムーズに行くはずです。
あいさつをする、話しをする、話を聞く、それぞれの際に相手の目を見るように意識しましょう。
また、顔合わせが進み慣れてくると、だんだん姿勢が崩れてしまったり、髪の毛を頻繁にいじってしまったりと、普段のクセが出てしまうかもしれません。
反対に緊張し過ぎて、早口になってしまったり、言葉遣いが崩れてしまったりすることもあるでしょう。
そのようなときは、笑顔を意識すると、ほどよい緊張感を持って臨めるはずです。

トップへ戻る