派遣会社の登録に関するQ&A

派遣で働くことについてのあらゆる疑問に答えます。

「登録会」では具体的にどのようなことをしますか?

「登録会」の内容は派遣会社によって異なりますが、一般的に以下の内容で行われることが多いようです。

 ・用意された「登録用シート」に職務経歴や希望条件、持っている資格などを記入(登録会までにWebから入力したり、職務経歴書を持参したりするパターンもあります)
・コーディネーターとの面談
OAスキルチェックや職業適性検査
・派遣システムの説明

スキルチェックや適性検査というと不安に感じる人もいるかもしれませんが、あなたの能力にぴったりの仕事を紹介してもらうためには必要不可欠なこと。
結果の優劣を競うわけではないので、リラックスして受けましょう。

また、コーディネーターは登録から契約終了まで、仕事にまつわるお世話をしてくれるパートナーです。
あなたをより知ってもらうために正直に自分の経歴やスキルを伝え、不安に思う点があれば相談にのってもらいましょう。

登録面談でどんなことを聞かれますか?  

一般的なヒアリング内容は以下になります。

1.職務経歴
2.希望する職種・給与額・勤務地など
3.仕事で活かせる資格の有無
4.勤務開始可能日 

また、ヒアリングだけではなく、仕事探しのアドバイスなど、カウンセリング的要素を面談にふくむ派遣会社が多いです。
面談を担当するコーディネーターは仕事探しの強い味方になってくれる頼もしいパートナー。
ヒアリングした内容を元に、希望に近いと思われる仕事をあなたに代わって探してくれます。
的確な仕事紹介をしてもらえるよう積極的に自分の意思を伝え「自分は何ができるのか」「何をしたいのか」をアピールしましょう。

派遣登録はどのような服装で行けばいいですか?  

登録だけとは言え、仕事を紹介してもらう場なので、コーディネーターに与える印象を意識して、ビジネスシーンにふさわしい服装で訪問しましょう。

就職の面接と同様と考え、普段着は避け、ダークカラーのスーツ着用が無難です。ヘアスタイルはおじぎをした時にフェイスラインに髪の毛がまとわりつくようであれば、ひとつにまとめた方がスッキリとして好印象です。

登録すればすぐに働くことができますか?

あなたの希望条件と、派遣先企業から提示された条件が合致した場合はすぐに働けます。
希望条件を厳しくすると当然紹介される仕事も減り、雇用のチャンスも少なくなるので、仕事が紹介されるまで少々時間がかかりそうな時は、その間に派遣会社が用意している研修プログラムを利用し、スキルアップに努めましょう。
どうしてもすぐに働きたいのであれば、希望条件をある程度譲歩することが必要です。

未経験の職種でも紹介してもらえますか?

「派遣」という働き方が、正社員やアルバイトと大きく違う点は、勤務初日からほぼ即戦力としての働きを求められるということ。
「基本的なビジネススキルがあること」を前提として紹介されるので、未経験者よりも経験者が優位なのは明らかです。

ただ、未経験でも紹介可能な仕事もあるので、コーディネーターに相談してみることをおすすめします。

同時に複数の派遣会社に登録しても大丈夫ですか?

問題ありません。

登録した派遣会社から希望の仕事がすぐ紹介されるとは限らないので、気になる派遣会社を見つけたら登録し、情報を幅広く持ちましょう。登録した会社が多くなればなるほど、希望の仕事を紹介してもらえる確率が高くなるので、多くの派遣スタッフは複数の派遣会社に登録しています。

ただ、登録した会社が増える分だけコーディネーターとのやり取りや、面談の数が増えます。仕事を紹介された際は、派遣会社とコーディネーターの名前を必ずひかえ、その後のやりとりを滞りなく進められるようにしましょう。

話しやすいコーディネーターにしぼって相談した結果、理想的な仕事と巡り合うケースもあるので、あなたの仕事探しのペースに無理なく合うような登録数にしぼりましょう。

トップへ戻る