福利厚生に関するQ&A

派遣で働くことについてのあらゆる疑問に答えます。

有給休暇はもらえますか?

6ヶ月間継続して同じ派遣会社より派遣され、その全労働日の8割以上出勤すると10日間の有給休暇が派遣会社から付与されます。それ以降は、1年続けて勤務するごとに新たな有給休暇が付与されていきます。

同じ派遣会社からであれば、派遣先が複数にまたがっても問題はありません。

産休・育児休暇はとれますか?

◆産前産後休業(産休)

派遣社員も正社員と同様に取得可能です。
取得可能期間は下記になります。

■産前休業
本人の希望により出産予定日の6週間前から取得可能
※多胎妊娠(双子など)は14週間前から可能

■産後休業
本人の希望に関わらず、出産翌日から8週間取得することが義務(労働基準法により制定)
※ただし医師が認めた場合、6週間経過で就業可
産休取得の申請方法は派遣会社により異なるので、事前に確認しましょう。

◆育児休暇(育休)

派遣社員が育児休暇を取得する際は、下記の2つの要件を満たすことが必要です。(育児・介護休業法により制定)

1.同一の派遣会社に引き続き1年以上雇用されていること
2.子の1歳の誕生日以降も引き続き雇用されると見込まれること(ただし、2歳の誕生日の2日前までに労働契約期間が満了し、さらに、契約が更新されないことが明らかな場合は取得不可)

取得可能期間は、産後休業の終了後、子の1歳の誕生日の前日までになります。
ただし保育所に入所できないなどの理由がある場合、最長1年6か月まで延長可能です。
こちらも産休の取得と同様、申請方法は派遣会社により異なるので、事前確認を忘れないようにしましょう。

賞与はもらえますか?

賞与は支給していない派遣会社がほとんどです。
賞与は労働基準法で定められたものではなく、あくまでも個人の業績を評価する手当、もしくは会社の業績によって臨時に支払われる手当という意味合いが強いので、正社員と言えど賞与の出ない会社もあります。

年末調整はやってもらえますか?

基本的に派遣会社で対応してもらえますが、状況により確定申告が必要となる場合があります。
(1)1月から12月までの間で雇用契約を結んだ派遣会社はひとつのみで、12月時点でも働いている場合
在籍している派遣会社で年末調整を受けることができるので、確定申告の必要はありません。

(2)1月から12月までの間で複数の派遣会社と雇用契約を結び、12月時点でも働いている場合
今まで働いたそれぞれの派遣会社に連絡して「源泉徴収表」を発行してもらい、年末調整時に在籍している派遣会社に提出してください。

(3)12月時点でどの派遣会社とも雇用契約を結んでいない場合
年末調整を受けることができないので自分で確定申告をする必要があります。
12月以前に在籍していた会社に連絡をとり「源泉徴収表」を発行してもらった上で確定申告を自分でする必要があります。
ただし、派遣会社により対応が異なる場合があるので、派遣会社にご確認ください。

制服のクリーニング代は自己負担でしょうか?

クリーニング費用は契約内容によって異なります。
派遣先企業の負担もしくは派遣スタッフの負担と、派遣先企業によって異なるため、契約前に派遣会社に確認しましょう。

トップへ戻る