扶養の範囲内で働く

派遣社員の仕事はオフィスワークから接客、製造までさまざまです。やりたいことや条件を整理して、あなたにぴったりな仕事を探しましょう!

扶養枠内って何?

結婚後、家庭や育児と両立しながら仕事をしたいと思う人は、「扶養枠で働く」ことを考えたことはありませんか。扶養枠というのは、配偶者控除の範囲内に入っているかどうかです。これは家庭の税負担が大きくならないように、年収の額によって本人にかかる税金や社会保険料が世帯主の所得から排除されることをいいます。一般的に会社員の夫が納税者である世帯主となり、パートタイム(派遣社員でも)で収入を得ている妻が配偶者として考えられています(もちろん夫がパート、妻が世帯主となっていても同じです)。

配偶者控除で決められている配偶者の年収は103万円が規定となっており、それを超えると所得税と住民税を支払うことになります。また、130万円を超えると所得税、住民税に加えて社会保険料も支払うことになります。一方で、100万円以下の場合は負担する税金はありません。

配偶者控除のほかにもうひとつ制度があり、配偶者の年収が103万円を超えてしまっても受けられる配偶者特別控除があります。年収141万円未満(所得額が38万円~76万円未満)であるなら、扶養枠内に入ることができます。しかし、世帯主の所得が1000万円を超える年は受けることができません。

※住民税は住んでいる地域によって、100万円以下でも均等割が発生する場合があるため、確認が必要です。

扶養枠内で働くメリットとデメリットは?

扶養枠内で働くことは税金面で大きなメリットがあります。では、働き方はどうでしょうか。年収を103万円以下に抑えるにはフルタイムで働くことはできないため、パートタイム勤務を選ぶことになります。例えば、時給1100円、10時~16時(1日6時間)、週3勤務で働くと年収は95万400円となり、扶養枠内に収まります。高額時給の仕事に就く時は、時間や日数を減らした勤務が可能となります。家庭や育児を主体にして働きたい人にとって、残業がなく指定の時間に帰宅できるパートタイムは魅力的な働き方です。

しかし、時給換算で給与が支払われるため、フルタイムよりパートタイムは収入が減ってしまうのがデメリットです。それならば収入を増やすことを優先し、扶養枠を外れて働くことも可能です。その場合は収入が増えたけど、家事や育児に使う時間が減り、支払いも増えるという働き損にならないように気をつけましょう。

どんな人が向いているの?

扶養枠内で働くことに迷っている人は、自分がパート勤務に適しているか否かを考えてみましょう。家庭や育児の合間だけ働きたい、ブランクがあるため少しずつ慣らしていきたい、体のこともあり無理をせずに働きたい、金銭的な問題で扶養枠をどうしても超えられない、仕事よりも時間を使いたいことがある、などに当てはまっていれば扶養枠での勤務が適しているでしょう。反対に、たくさん稼ぎたい、子育てを手助けしてくれる人や施設が近くにある、キャリアアップをしたい、働いている方がストレスを感じにくいと思う人は、扶養枠で働くよりもフルタイム勤務の方が適しているかもしれません。どちらがいいかは家庭によって異なりますので、自分の働き方を見直してみるのもいいですね。

また、2018年から配偶者控除が改定される動きがあるため、改正案の確認を怠らないようにしておきましょう。

トップへ戻る