条件の整理をしよう

派遣社員の仕事はオフィスワークから接客、製造までさまざまです。やりたいことや条件を整理して、あなたにぴったりな仕事を探しましょう!

どんな条件で探せばいいの?

派遣社員として働くなら、今の仕事とは違うこと、スキルアップをしたいなど、想像しますよね。しかし、求人サイトを見ると派遣社員を求めている企業は多く、何となく検索していると時間だけが消費されていきます。また、ためらっているといつの間にか募集が締め切られていることも。そうならないように細かく条件を決めておくと、仕事を探すのにも応募をするのにもすぐに行動を起こすことができます。

多くの求人サイト・派遣会社では、勤務地、路線、職種をメインに仕事を探せるようにしています。働きたい駅やエリアが決まっているのなら勤務地で検索、路線で探す場合は自宅のある駅の沿線上、繁華街のある駅の近くで検索することができます。

そして職種ですが、細かく決めていないという人はまずオフィスワーク、販売・接客、飲食、アパレル、IT、製造、建設、ドライバー、清掃、医療、教育、美容など、ジャンルから選んでみるのはどうでしょうか。各ジャンルにも細かい職種があり、オフィスワークの場合、営業、事務、経理、データ入力、受付、コールセンターといった仕事から選択することができます。販売・接客、飲食も店舗によって扱う商品は異なり、接客だけではなく調理も請け負う仕事もあります。

一方で、どうしても苦手なことや職種があればそれもピックアップしておきましょう。やりたいことや好きなことだけではなく、したくないことや嫌いなことも考えておくと仕事を選別するのに便利です。一つずつ募集案件を見ていくと、あなたがやってみたい仕事と出会うことができるはずです。また、求人サイトに登録することで、あなたに合った求人の情報もメールで送られてくるので、募集案件をチェックすることを忘れないようにしましょう。

資格を活かして探す

勤務地、路線、職種で仕事を探してみるのがよいですが、ほかにはどんな方法があるでしょうか。仕事内容で検索している人の中には、経験があるから前と同じ職種を選ぶ人も多いでしょう。もちろんそこから募集案件を絞ることはできますし、派遣会社に仕事を紹介してもらう際、経験があることは強みになります。

では、経験があること以外に派遣社員として働くのに有利になるのは何でしょうか。それは資格です。未経験や経験が浅くとも資格があると紹介してもらえる企業が増え、就業のチャンスも出てきます。オフィスワークでは経理・財務なら日商簿記、英文や貿易事務・通訳・翻訳ならTOEIC、秘書は秘書検定の資格が欠かせません。また、製造・物流業ではフォークリフトやクレーン、施設管理では警備業務検定などの資格があると時給の高い仕事を紹介してもらえるかもしれません。そのほか、看護師や介護士、保育士、幼稚園教諭、美容師、ネイリストなど、資格がなければ就業できない職種もあるため、もし持っているなら資格を活かした仕事選びをするのもよいですね。

年齢は?ブランクは?転職回数があってもいいの?

応募案件の中から仕事内容を検索していると、年齢は何歳まで、ブランクや転職があってもよいのかと心配になります。年齢は、雇用対策法によって求人広告には労働者の募集・採用時に年齢制限をつけることは原則として禁止されています。そのため、幅広い年齢層の人が派遣社員として働いています。また、実務経験や資格があると年齢の壁を超えてさまざまな企業を紹介してもらえる可能性が高いです。コミュニケーション能力、向上意欲なども働く上には必要なスキルです。

一方、ブランクに関しては派遣先が気にするのではなく、派遣会社が気にすることを覚えておきましょう。よくブランクがあるから仕事が決まらないと思われがちですが、何も理由のないブランクと明確な理由があるブランクでは大きな違いがでます。派遣会社に履歴書を提出する時、もしブランクがあればその理由を尋ねられます。何も理由がなかったり、就職活動期間が長期(半年以上)であったりすると、労働への意欲が薄く感じられたり、問題があって採用されなかったのでは、と思われる可能性があります。しかし、明確な理由、例えば出産や育児、介護、留学などであれば派遣会社は問題なく仕事を紹介してくれます。もし長期のブランクがあっても、何もしていなかったという印象だけは与えないようにしておくとよいですね。

転職回数は正社員の採用に比べると、派遣社員の方が少し甘めの審査になることが多いようです。正社員ではなく、派遣社員で転職をくり返しているのならば、契約満了で移っているため良い印象を派遣会社や派遣先に与えてくれます。ただし、年齢、ブランク、転職回数ともに絶対にマイナスの評価にならないとはいえません。評価を下げないように、あなたが派遣社員としてどんな心構えをしているのかを派遣会社にアピールをして、希望に当てはまる派遣先を紹介してもらいましょう。

トップへ戻る