派遣社員ってなんだろう? 

何事も事前準備が必要です!派遣社員としての生活をスタートさせる前に、人材派遣のシステムや派遣社員がどういったものかを理解しておきましょう。

人材派遣サービスとは?

わが国では1986年に労働者派遣法が施行され、人材派遣サービスが始まりました。人材派遣サービスというのは、派遣会社が働きたい労働者と人材を求める企業を結びつける仕組みのことです。まず、労働者は派遣会社に登録し、派遣社員になります。そして派遣会社に希望の条件を提示し、それに当てはまる企業を紹介してもらいます。派遣社員と企業の顔合わせ後、双方が合意すれば派遣先が決定し、初めて派遣会社と派遣社員の間に雇用関係が生まれます。一般的には正社員やアルバイト・パートでは就業する企業と直接雇用関係を結びますが、派遣社員が契約を結ぶのは派遣会社のため、企業とは業務に関わる仕事の指示を受ける関係となります。

一方、同じような試みをしている会社に人材紹介会社があります。こちらも労働者と企業を引き合わせてくれますが、雇用関係が異なります。人材紹介会社は企業に労働者を紹介するだけとなるため、正社員などと同じように労働者は企業と直接契約をします。

人材派遣サービスといっても派遣会社は間接雇用、人材紹介会社は直接雇用となり、働き方は異なります。利用する前に2つの違いをきちんと理解しておきましょう。

派遣の形態

派遣社員には一般派遣といわれる登録型派遣と紹介予定派遣があります。前者は人材派遣の大半を占める働き方で、仕事をしたいと思っている労働者が派遣会社に登録し、派遣先の企業に就業している間のみ契約が結ばれるという雇用形態です。そのため勤務する場所、仕事の指示を受けるのは就業先の企業となりますが、雇用主、賃金の支払い、社会保険・労働保険、年次有給休暇を付与、休業の際の休業手当の支払いなどを行うのは全て派遣会社となります。また、契約は派遣期間の間のみとなっており、終了すると派遣会社との雇用契約も同時に解消され、給与の支払いはなくなります。

一方、紹介予定派遣は派遣会社を通しての勤務ではなく、派遣先の企業に直接雇用をしてもらうことを前提にした働き方です。企業は正社員を雇用したいと思っていても、よい人材と出会えるかどうかはわかりません。また、労働者も会社の雰囲気がわからないため、不安を残したまま入社することになります。そんなリスクを減らすため、紹介予定派遣では一定期間(最長6ヶ月)派遣社員として就業した後に、企業側も派遣社員側もよければ、正社員として企業と直接契約を結ぶことができます。

一般派遣と違い、長期的な就業が見込める紹介予定派遣ですが、注意しなくてはならないことがあります。企業は派遣社員をいずれ正社員として雇うため、採用面接が可能となります。そのため派遣社員は履歴書と職務経歴書を企業に提出し、一般派遣が行う顔合わせの時よりも自分をアピールすることが必要になる場合もあります。

派遣という働き方

派遣社員のイメージはどんなものでしょうか。あまり実態を知らない人にとってはもしかしたら、不安定な収入、いつ契約終了になるかわからないなど、悪い部分だけが目に付いているかもしれません。しかし、人材派遣サービスが行われるようになってからは派遣会社も派遣社員も増加しており、世間のニーズが高いことが伺えます。派遣社員の一番の特徴は自分のライフスタイルに合った働き方ができるということです。やりたいことがある、資格を取りたい、スキルアップしたい、家庭や趣味と両立させたい、期間を決めて働きたい、などといった条件を満たしてくれる仕事を選ぶことができます。このように柔軟な働き方ができるため、中には正社員から転職して派遣社員になる人もいます。より充実した毎日を過ごしたい人や、自分に合った働き方を探している人は、派遣社員という働き方を選択肢のひとつとして考えてみるのもいいのではないでしょうか。

トップへ戻る